設置業者の保証

 

ソーラーパネルにはメーカー保証の他に設置業者による保証があります。

 

パネルメーカーの保証では天災による破損でも対象になる物と対象外の物とがあります。取扱業者ではメーカー保証の内容を把握していますから、メーカーが対象外とした範囲をカバーするような保証を付けているところもあります。

 

近年はパネルメーカー間の競争も激化しており低価格路線から経営が圧迫され事業撤退する会社も出てきています。特に安価で長期保証を謳う海外メーカー選択した時に起こる問題ですが、メーカー保証は20年と言われたが数年で日本から撤退し現地法人も無かった場合、残った期間の行方は非常に不透明です。

 

メーカーが撤退しても設置業者による保証があればそちらでカバー出来る事もあるでしょう。

 

またメーカーの中にはパネルの発電力、破損に対しては保証を出すが工事は自分たちの管轄外なので知らない、工事で屋根や家を傷めた場合には請け負わないとしているところもあります。

 

設置に不備があり雨漏りなど症状が出た場合には設置業者自体に保証があるかどうかでその後の展開が大きく変わってくることも充分に考えられます。

 

購入する際には設置業者の担当に「メーカー以外に独自の保証はありますか」と一言尋ねてみましょう。

関連ページ

メーカー特徴
太陽光発電のメーカーといっても数多くあります。自分の家に適しメーカーは?どんな特徴があるのか簡単に説明いたします。
「標準工事」の内容
難しい言葉が多く業者の言いなりになっていませんか?大きな買い物なので失敗しないよう信頼できる業者を選ぶのがポイントです。標準的な工事とはどんなものなのかご説明いたします。
太陽光パネル設置の可否
太陽光設置の検討の際はまず、自宅に付けられるのか?というところが最初に知っておくべきなのだと思います。あなたの家はどうでしょうか?
会社の体質を探る
人間選ぶのに人柄だけで選ぶのは危険です。大事な家を任せられる業者とは?判断するヒントをいくつか紹介いたします。
トラブルの例
自分の大事な家が被害にあわないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?実際のトラブルで多い代表的な例をいくつか見てみましょう。
施工業者のポイント
太陽光発電をつける際に一番大事ポイントは施工業者です。高い買い物ですので失敗のないよう信頼できる業者を選びましょう。
蓄電池
発電が不安定な再可能エネルギーには弱点であるところを補って役割をしてくれるのが蓄電池になります。震災以降蓄電池が注目されてきました。蓄電池は災害のときにも電気が使える強い見方です。
再生可能エネルギーの種類
再生可能エネルギーとは、自然の営みによって生産されるエネルギーを言います。ではどんなものがあるの説明いたします。
自治体による支援制度
太陽光発電が注目され各地で補助金を支援するところが増えてきました。しかし自治体によって補助金の提出の方法や価格に差があるようです。あとで後悔しないよう知識をみにつけましょう。
停電による影響
震災の際太陽光発電だから安心。しかし機種よっては全く使えないこともあるかもしれません。そのためにも自分の家はどうなのか?また切り替えられるのか業者に相談してみることをお奨めします。