自治体による支援制度

太陽光発電設備をご自宅に設置する場合、補助金を申請する事ができます。

 

国による補助は、2013年度で終了してしまいましたので、お住まいの都道府県と市区町村が、補助助金制度を設けているか確認しておく必要があります。

 

自治体によって、価格、期間、補助金の申請方法などは異なります。

 

補助金の額については、1kWあたりの金額と上限金額について定めている自治体が多い様です。

 

 

他には、工事にかかった費用の一部の金額、申請1件あたりの金額といった額の補助が受けられる様です

 

お住まいの都道府県と市区町村の両方が補助金制度を設けている場合は、双方から受けられる補助金を合算した額について、補助を受ける事ができます。

 

期間については、定めた期間が終了していない場合でも、予算を使いきってしまった場合は、期間の終了日を待たずに、受付を終了してしまう事がありますので、注意が必要になります。

 

また、自治体によっては、申請件数の上限を定めている場合もあります。

申請の流れ

申請の流れも自治体によって異なります。

 

太陽光発電の設備の設置後に申請が必要な自治体もあれば、設置前に姿勢が必要な自治体もあります。

 

導入する設備によって手続きが異なる場合などもありますです。

 

自治体の補助が受けられるか否かで、設備設置に充てられる予算に影響があると思います。

 

検討、設備投資の回収についての計画を立てるためにも、太陽光発電の設置を計画する際には、お住まいの自治体の補助金制度については、早い目に調べておく事をお奨めします。

関連ページ

メーカー特徴
太陽光発電のメーカーといっても数多くあります。自分の家に適しメーカーは?どんな特徴があるのか簡単に説明いたします。
「標準工事」の内容
難しい言葉が多く業者の言いなりになっていませんか?大きな買い物なので失敗しないよう信頼できる業者を選ぶのがポイントです。標準的な工事とはどんなものなのかご説明いたします。
太陽光パネル設置の可否
太陽光設置の検討の際はまず、自宅に付けられるのか?というところが最初に知っておくべきなのだと思います。あなたの家はどうでしょうか?
会社の体質を探る
人間選ぶのに人柄だけで選ぶのは危険です。大事な家を任せられる業者とは?判断するヒントをいくつか紹介いたします。
トラブルの例
自分の大事な家が被害にあわないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?実際のトラブルで多い代表的な例をいくつか見てみましょう。
施工業者のポイント
太陽光発電をつける際に一番大事ポイントは施工業者です。高い買い物ですので失敗のないよう信頼できる業者を選びましょう。
蓄電池
発電が不安定な再可能エネルギーには弱点であるところを補って役割をしてくれるのが蓄電池になります。震災以降蓄電池が注目されてきました。蓄電池は災害のときにも電気が使える強い見方です。
再生可能エネルギーの種類
再生可能エネルギーとは、自然の営みによって生産されるエネルギーを言います。ではどんなものがあるの説明いたします。
設置業者の保証
メーカー保証の他に設置業者の保障がついてきます。高い買い物をしたうえ点検等の維持費でお金がかかり維持が大変というようにならないためにも設置業者にしっかり確認をした上で契約しましょう。
停電による影響
震災の際太陽光発電だから安心。しかし機種よっては全く使えないこともあるかもしれません。そのためにも自分の家はどうなのか?また切り替えられるのか業者に相談してみることをお奨めします。