ソーラパネルはどんな家にもつけられるのか

当初より太陽光パネルを設置するべく屋根の設計等を行う新築の家は設置することが安易です。しかし既存の家についても十分な検討をすれば、ソーラパネルの設置は可能となります。

 

太陽光発電パネルを設置できる重量に十分耐えることができる構造や今後長く使うことになるため耐久性や太陽からの日照をできるだけ多く正面から受けることができるようなスペースが確保できるかが重要となります。

 

それら条件を検証し問題なければはじめてソーラパネルを設置することが可能となります。

 

太陽光パネルに日照については、一年を通して一番効率よく日照をえることができる方向に設置する必要があります。しかしCO2排出や騒音もなく周囲に影響を与えないと思われている太陽光パネルであるが、ぜんぜん影響を与えないわけではありません。

 

1点挙げれば、太陽光の反射に対する周囲への影響です。当然太陽光をよりたくさん受けることができる方向に設定することから多くの光を反射する可能性があります。

 

太陽光パネルの効率の面からも出来る限り太陽光は反射しないように製作するのですが、すべて吸収できるわけではありません。そこで反射する光が周囲に与える影響が問題となってきます。

 

想定される太陽高度より入射角、反射角を想定し反射する可能性のある箇所に建物等がないか確認することが必要です。また台風等による風の影響も考慮する必要があります。
万一台風などの暴風雨によって太陽光パネルが落下したりしては、周囲に悪影響を与えることになります。太陽光発電により効率よくなることを求めると、どうしても風雨等の自然の厳しい環境にさらされることとなります。

 

それらに対応できるだけの設備が構築することが可能であればソーラーパネルの設置は可能となります。


関連ページ

メーカー特徴
太陽光発電のメーカーといっても数多くあります。自分の家に適しメーカーは?どんな特徴があるのか簡単に説明いたします。
「標準工事」の内容
難しい言葉が多く業者の言いなりになっていませんか?大きな買い物なので失敗しないよう信頼できる業者を選ぶのがポイントです。標準的な工事とはどんなものなのかご説明いたします。
会社の体質を探る
人間選ぶのに人柄だけで選ぶのは危険です。大事な家を任せられる業者とは?判断するヒントをいくつか紹介いたします。
トラブルの例
自分の大事な家が被害にあわないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?実際のトラブルで多い代表的な例をいくつか見てみましょう。
施工業者のポイント
太陽光発電をつける際に一番大事ポイントは施工業者です。高い買い物ですので失敗のないよう信頼できる業者を選びましょう。
蓄電池
発電が不安定な再可能エネルギーには弱点であるところを補って役割をしてくれるのが蓄電池になります。震災以降蓄電池が注目されてきました。蓄電池は災害のときにも電気が使える強い見方です。
再生可能エネルギーの種類
再生可能エネルギーとは、自然の営みによって生産されるエネルギーを言います。ではどんなものがあるの説明いたします。
設置業者の保証
メーカー保証の他に設置業者の保障がついてきます。高い買い物をしたうえ点検等の維持費でお金がかかり維持が大変というようにならないためにも設置業者にしっかり確認をした上で契約しましょう。
自治体による支援制度
太陽光発電が注目され各地で補助金を支援するところが増えてきました。しかし自治体によって補助金の提出の方法や価格に差があるようです。あとで後悔しないよう知識をみにつけましょう。
停電による影響
震災の際太陽光発電だから安心。しかし機種よっては全く使えないこともあるかもしれません。そのためにも自分の家はどうなのか?また切り替えられるのか業者に相談してみることをお奨めします。